フランチャイズ契約書作成・本部立ち上げ・加盟店コンサルティングは
遠山行政書士事務所へ

TEL:0120-258-251
受付時間 9時〜18時 不在時にはメッセージを入れて頂ければ折り返し電話致します。

フランチャイズ契約書作成・本部立ち上げ・加盟店コンサルティングは
遠山行政書士事務所へ

TEL:0120-258-251
受付時間 9時〜18時 不在時にはメッセージを入れて頂ければ折り返し電話致します。
遠山行政書士事務所
ブログ https://ameblo.jp/karatecom/entry-12354840906.html ・ ・ ・ ・ 脱サラ・独立・起業 さあこれからと考えたときに フランチャイズビジネスを選択するのも ひとつの […]

フランチャイズ契約書に署名・押印するまえに

ブログ
https://ameblo.jp/karatecom/entry-12354840906.html




脱サラ・独立・起業

さあこれからと考えたときに

フランチャイズビジネスを選択するのも

ひとつの方法です。

契約書に署名・押印するまえに

信頼できる第三者に契約書を確認してもらいましょう。

自身の年齢・適正・預貯金・家族の協力などを確認し

フランチャイズ本部を選択します。

留意点としては

 

せかされないことです。

今がキャンペーン的な言い方は先方の営業の問題です。加盟店希望者の問題ではありません。せかされて判断力を低下しないこと。400万から100万値引かれることよりも しっかり考えて最高の選択をしましょう。

 

本部をかならず訪問してください。

一回はアポイントし、これはマストですが、出来たらアポなしでもう一回。

 

同業者を調査

同じ種類のフランチャイズビジネスの加盟店のオーナーと面談出来たらベターですが、最低でも他店に複数回訪問しましょう。

フランチャイズ本部の紹介で、加盟店オーナーと面談。

これは必須。本音を聞きましょう。

 

そもそも 自分がなにをやりたかったかを振り返る。考えすぎてわからなくなります。

後悔なきように

 

フランチャイズ本部作成のシュミレーションをうのみにしない。

売り上げ予測はよくて7割、経費は1.5倍

 

日本政策金融公庫には早い段階で、訪問

自身の融資枠が本当にあるか確認します。FC本部のマネージャーのいう事を盲信しない。

 

アルバイトが確保できるかどうか。

現在 最大問題化しています。人材が確保できるかどうかです。

 

もちろん 案件8割であること

良い案件(立地など)

 

フランチャイズ契約書をしっかり確認しなくてはなりません。

ここの条件(特にお金の問題)を確認しましょう。

 

加盟金等お金を払うタイミング

居抜き等の案件が、はっきり確定してからはらうのがベスト

 

その他 ご相談ください。

 

東京都中小企業診断士会認定フランチャイズ研究会会員

遠山行政書士事務所代表 遠山眞人


この記事より過去の投稿

(C) 創業および第2創業支援相談室