フランチャイズ契約書作成・本部立ち上げ・加盟店コンサルティングは
遠山行政書士事務所へ

TEL:0120-258-251
受付時間 9時〜18時 不在時にはメッセージを入れて頂ければ折り返し電話致します。

フランチャイズ契約書作成・本部立ち上げ・加盟店コンサルティングは
遠山行政書士事務所へ

TEL:0120-258-251
受付時間 9時〜18時 不在時にはメッセージを入れて頂ければ折り返し電話致します。
遠山行政書士事務所
日本の飲食においてラーメンはもはや国民食と言われるまでになっている。 飲食店経営としては、安易な独立も増えており、短期間での撤退するケースも多い。 豚骨、醤油、味噌、鶏がらなどの独自のスープ作りの仕込みは言うにおよばず、 […]

ラーメン店の経営について

日本の飲食においてラーメンはもはや国民食と言われるまでになっている。

飲食店経営としては、安易な独立も増えており、短期間での撤退するケースも多い。

豚骨、醤油、味噌、鶏がらなどの独自のスープ作りの仕込みは言うにおよばず、麺に

ついてもこだわりをもち、太麺、細麺、手打ちを行う店もある。餃子、チャーハン、中華飯

などのメニューに幅を持たせる店も多い。顧客層は幅広い。新機軸を打ち出す店が次々に

現れる業界であるため、はやり廃りも早い。特に10代後半~30代が顧客の中心と言われる。

伝統的は中華料理店は減少方向にあり、その反面、ラーメン専門店が個人・チェーン店ともに

増えている。競争は激化し、ラーメン専門店自体の開廃業も激しい。

総務省の資料によると1世帯あたりのラーメン(中華そば)の年間支出は5000円なかばであり

大きな変化はない。消費者ニーズは安定している。


この記事より過去の投稿

(C) 創業および第2創業支援相談室