フランチャイズ契約書作成・本部立ち上げ・加盟店コンサルティングは
遠山行政書士事務所へ

TEL:0120-258-251
受付時間 9時〜18時 不在時にはメッセージを入れて頂ければ折り返し電話致します。

フランチャイズ契約書作成・本部立ち上げ・加盟店コンサルティングは
遠山行政書士事務所へ

TEL:0120-258-251
受付時間 9時〜18時 不在時にはメッセージを入れて頂ければ折り返し電話致します。
遠山行政書士事務所

特にこれからフランチャイズ加盟店を目指す方へ

 

ポイント001フランチャイズ契約書作成のプロ 融資に強い行政書士

 

フランチャイズビジネスにて起業を目指す方へ

 

フランチャイズ加盟店としての開業を決意した時 経験・ノウハウは無論のこと

どの事業を選択するか?どの本部を選択するかが重要です。

事業経営そのものが未経験者の方がほとんでですので

じっくりと下調べをしてください。

ご自身の考え・年齢・家族の協力・予算を考慮し

業種を選択し 最適と思われる本部を選定します。

重要なポイントは三つ

契約書の内容をしっかり確認 事業計画の作成で必要費用を理解 そして どの段階にて本部に加盟金等支払うか?

契約書に署名・押印するまえにご相談ください。

また、現在行っているビジネスのフランチャイズ化を検討している方へ

名古屋の士業としては、おそらくフランチャイズ研究会会員である遠山行政書士事務所がパッケージにての

経営指導を行います。

フランチャイズ契約書作成、加盟店支援・教育なども対応します。

 

私自身、10年以上の会社経営者としての経験があります。

下請契約・秘密保持契約・売買契約等々

私自身が下書きしたものから

部下が作成したもののチェックを含め

数千の契約書に携わってきました。

FC契約書の作成もチェックも可能です。

契約書に関してのフランチャイジー(加盟店)さんのご相談に応じます。

その反面

営業や工場の様な現場の方が好きで、

決して、経理やBS、PL、資金繰り表の作成等がもともと得意だった訳ではありません。

多くの場合、起業にチャレンジされる方も資金繰りが得意な方は少ないと考えます。

しかしながら、資金は会社経営における血液!絶対に欠かすことのできないものです。

金融に関する入門書も監修した事があります。ご興味のある方はご確認ください。



https://www.amazon.co.jp/%E5%9B%B3%E8%A7%A3%E3%81%A7%E3%82%8F%E3%81%8B%E3%82%8B%E9%87%91%E8%9E%8D%E3%81%AE%E3%81%97%E3%81%8F%E3%81%BF-%E3%81%84%E3%81%A1%E3%81%B0%E3%82%93%E6%9C%80%E5%88%9D%E3%81%AB%E8%AA%AD%E3%82%80%E6%9C%AC-%E9%81%A0%E5%B1%B1-%E7%9C%9E%E4%BA%BA/dp/4897952042/ref=sr_1_12?s=books&ie=UTF8&qid=1518924925&sr=1-12&keywords=%E9%87%91%E8%9E%8D+%E3%81%97%E3%81%8F%E3%81%BF
図解でわかる金融のしくみ 遠山眞人著



フランチャイジー(加盟店)にて、起業

シニアのセカンドステージとしての起業、あるいはIPOを目指す方、当事務所は証券会社とも提携しています。

創業融資、小規模事業者持続化補助金、キャリアアップ助成金、会社設立、税理士顧問の紹介、

フランチャイズビジネスを目指す方への総合コンサルティングを

いたします。

特に会社設立は慎重に

フランチャイズ加盟店であれば、スタート時は個人事業主でもまったく問題ありません。

創業融資も問題なく借りれます。

むしろ

あわてて、株式会社にしてしまい、うまく行かなかった時に会社を解散することはかなりパワーが要ります。

マイナンバー制の方向性もあり

小さく生んで大きく育てることをお勧めします。

 

創業補助金・小規模事業者持続化補助金・ものづくり補助金そして助成金に対応します

 

当事務所はフランチャイズビジネスを中心とした

起業家支援とあわせ

フランチャイズビジネス以外の補助金も対応しています。

特に

認定支援機関を必要とする

創業補助金や

ものづくり補助金にも対応しています。

特に

ものづくり補助金は印刷業を中心とした

あらたな設備投資を中心に対応しています。

認定支援機関としては地域金融機関を

活用します。

財産の管理から民事信託契約も対応します

フランチャイズビジネスを行う上での事業所の名義が親であったり

親が保証人であるケースなどにて

親御さんの認知症の問題などで財産が凍結されてしまう恐れがあります。

当事務所は民事信託契約のエキスパートでもあり

親御さんを委託者、ご自身を受託者とする民事信託契約の作成をお勧めします。

 

 

ポイント001 コンサルもお任せください

 

私は建材関連の経営者を12年務めたのち、

事業再生・事業継承のコンサルティングに携わる中で、

行政書士として、自然と創業融資の仕事にも携わる様になりました。

 

CRC(企業再建・継承コンサルタント協同組合)会員、

TAM(金融検定協会認定ターンアラウンドマネージャー)等の資格を有し、

日本政策金融公庫、全国の地方銀行、信用保証協会の多くの方々とのご縁も

創業融資の仕事には役立っています。

 

本質的には事業再生も創業融資も根本は同じです。

営業(集客)と調達(仕入・下請け・人事)、そして資金確保の三つです。

日々、仕事はブラッシュアップし続け、創業支援と事業再生で、

社会・地域貢献に努めていきたい所存です。

 

 

(C) 創業および第2創業支援相談室